自然光ポートレートの超絶レシピ

2017年12月18日発売の『自然光ポートレートの超絶レシピ』に寄稿させていただきました。

「ポートレート・ライティングの超絶レシピ」に続く、「超絶レシピ」シリーズ第2弾は自然光がテーマ。自然光を読む目を養い、撮影のバリエーションを増やすために役立つノウハウ・アイデアが満載です。

10名のフォトグラファーが光の読み方を完全公開
2017年12月18日発売
B5判 128ページ
定価:本体2,000円+税
ISBN978-4-7683-0925-4

http://www.genkosha.co.jp/gmook/?p=15568

【Contents】
■基本テクニック編<屋外・屋内> 福島裕二
1日の中で刻々と変化する光に対応する
輝度差が乏しい曇りと雨の日の対処法覚えておきたい5つのレフワーク
間接光と直射光を使い分ける
露出計を使って光を読む目を鍛えよう
ほか

■応用テクニック
黒田明臣・・・シルエットや透過光をモデルに当てる ほか
小林幹幸・・・木漏れ日はアイデアの源 ほか
小林修士・・・アンブレラディフューザーで影のディテールを出す ほか
HASEO・・・早朝・日の出前の光は極上のフラットライト ほか
松原俊和(Iska)・・・薄曇りの沖縄の風景をジブリ風に仕上げる ほか
浅岡省一・・・屋内でも屋外でもシルエット写真 ほか
大村祐里子・・・変幻自在の光が楽しめるプリズム作品シリーズ ほか
monocolors(鈴木悠介)・・・現場では影を探して画面の中に黒みを作る ほか
河野英喜・・・朝夕の光がポートレートをドラマチックにする ほか

©Omura Yuriko 2017-2018